git for windows のインストール

  git

windows10 でgitを利用するため「git for windows」をインストールします。

 

git for windows のインストーラーをダウンロード

https://git-for-windows.github.io/

 Download  ボタンをクリックしてインストーラーをダウンロードします。

 

Setup Wizard の起動

ダウンロードした Setup Wizard(インストーラー)をダブルクリックして起動します。

 

Information

 Next  ボタンをクリックして次に進みます。

 

Select Destination Location

インストールするディレクトリの設定です。

初期値は「C:\Program Files\Git」になっています。
 Next  ボタンをクリックして次に進みます。

 

Select Components

コンポーネントの選択画面です。

※以降、「+」を付けてある項目はチェックボックスにチェックして、「」が付いている項目はチェックを外してインストールしました。

– Additional Icons
ショートカットアイコンをデスクトップに作成します。

+ Windows Explorer Integration
+ Git Bash Here
+ Git GUI Here
デスクトップ他、エクスプローラー上で右クリックした時のメニューに【Git GUI Here】と【Git Bash Here】を追加します。

+ Associate .git* configuration files with the default text editor
*.gitファイルをデフォルトのテキストエディタで開く設定。

+ Associate .sh files to be run with Bash
*.shファイルをBashで実行する設定。

– Use a TrueType font in all console windows
bash以外の全コンソールウインドウのフォントを変更する設定。

 Next  ボタンをクリックして次に進みます。

 

Select Start Menu Folder

スタートメニューに追加するフォルダを設定します。

– Don’t create a Start Menu folder
スタートメニューにフォルダを追加しません。

 Next  ボタンをクリックして次に進みます。

 

Adjusting your PATH environment

環境変数PATHの追加設定画面です。

+ Use Git from Git Bash only
環境変数pathへは何も設定しません。

– Use Git from the Windows Command Prompt
環境変数pathへ C:\Program Files\Git\cmd を追加します。
【cmd.exe】【PowerShell.exe】【bash.exe (MinGW/MSYS)】からGitコマンドが使用可能になります。

– Use Git and optional Unix tools from the Windows Command Prompt
コマンドプロンプトからUnixコマンドを使用する設定です。
Warning:windowsが持つ find, sort等、いくつかのコマンドが上書きされます。

 Next  ボタンをクリックして次に進みます。

 

Configuring the line ending conversions

改行コードの設定画面です。

+ Checkout Windows-style, commit Unix-style line endings
リポジトリ内改行コードが LF に統一されます。
チェックアウト時: CRLF に変換されます。
コミット時: LF に変換されます。

– Checkout as-is, commit Unix-style endings
コミット時に LF に変換されます。

– Checkout as-is, commit as-is
改行コード変換をしません。

 Next  ボタンをクリックして次に進みます。

 

Configuring the terminal emulator to use with Git Bash

Git Bash で使用する端末エミュレータの選択画面です。

+ Use MinTTY (the default terminal of MSYS2)
PuTTYベースのターミナルエミュレータを使用します。

– Use Windows’ default console window
コマンドプロンプトを使用します。

 Next  ボタンをクリックして次に進みます。

 

Configuring extra options

オプションの設定画面です。

+ Enable file system chaching
git status, git log 等の応答速度を改善するオプションです。

+ Enable Git Credential Manager
“Git Credential Manager for Windows” をインストールします。
https://github.com/Microsoft/Git-Credential-Manager-for-Windows

– Enable symbolic links
シンボリックリンクを有効にします。

 Next  ボタンをクリックして次に進みます。

 

Configuring experimental options

ベータ版のオプション設定

– Enable experimental, builtin difftool
ベータ版:gitに付属しているdiffツールを使うかどうかのオプションです。

 Install  ボタンをクリックしてインストールを開始します。

 

Installing

 

Completiong the Git Setup Wizard

以上でインストール完了です。

 

git for windows の起動

スタートメニューから【Git】>【Git Bash】をクリックして【Git Bash】を起動します。

起動したら git --version と入力して「enter」を押します。
git のバージョンが表示されれば完了です。

$ git --version
git version 2.11.0.windows.1

 

終了はウィンドウ右上の閉じるボタン   x   か exit と入力して「enter」キーで終了します。

$ exit

 

git for windows の初期設定

ユーザー名とメールアドレスを設定します。
ここで設定した名前とメールアドレスは git の commit ログなどに利用されます。

 

【Git Bash】を起動します。

ユーザー名の設定
$ git config --global user.name "ユーザー名(半角英数字)"

[Enter]キーを押します。

 

メールアドレスの設定
$ git config --global user.email "メールアドレス"

[Enter]キーを押します。

 

color.ui設定

git コマンドからの出力が色分けされ読みやすくなるので設定しておきます。

$git config --global color.ui true

[Enter]キーを押します。

 

以上で完了です。

 

  git     by