Bitbucketを利用する

  git

今回は実際にBitbucketを利用して、リポジトリの作成 > clone > commit > push するまでを操作してみます。

事前にBitbucketを利用するための準備をしておきます。

 

リポジトリの作成 > clone > commit > push するまで

 

リポジトリの作成

今回は Bitbucket 上でリポジトリを作成します。

Bitbucket にログインします。

 

ログインしたら、画面上にある「リポジトリ」プルダウンから「リポジトリの作成」をクリックします。

 

リポジトリの名前を入力してリポジトリを作成します。

 

Repository name
リポジトリの名前を入力します。

アクセスレベル
「これは非公開リポジトリです」にチェックを入れると非公開リポジトリになります。

リポジトリタイプ
リポジトリのタイプを選択します。
・Git
・Mercurial

> Advanced settings
詳細設定が表示されます。

説明
リポジトリの説明を入力します。

フォーク
・フォークを許可
・プライベートフォークのみ許可
・フォーク不可
の中から1つ選択します。

プロジェクト管理(選択しなくても大丈夫です)
・課題管理
・Wiki

プログラミング言語
リポジトリで利用するプログラミング言語を選択します。(選択しなくても大丈夫です)

統合
・HipChat通知を有効にする(選択しなくても大丈夫です)
HipChat(https://ja.atlassian.com/software/hipchat)を利用する場合はチェックします。

 

今回は練習なので次のようにしました。

Repository name – test

アクセスレベル – 非公開リポジトリ

リポジトリタイプ – Git

> Advanced settings – 未設定

 リポジトリの作成  ボタンをクリックしてリポジトリを作成します。

 

リポジトリのページが作成されました。

 Create a README  ボタンをクリックして【README.md】を作成します。

 

Create a README

 

README の内容を編集して  コミット  ボタンをクリックするとコミットメッセージを入力画面がポップアップします。

 

コミットメッセージを入力して[コミット]ボタンをクリックすると【README.md】をコミットします。
以上でリポジトリの作成は完了です。

 

リポジトリをcloneする

作成したリポジトリをローカル環境に clone します。(ローカル環境に持ってきます)

端末(ターミナル・Git Bash)を起動します。

git 用のディレクトリが既にある場合は cd コマンドで移動します。

$ cd ~/git

無ければ mkdir コマンドでディレクトリを新規作成してから移動します。
※git 用のディレクトリの場所は任意で大丈夫です。作業のしやすい場所に作成します。

$ mkdir ~/git
$ cd ~/git

今回は ~/git/ としました。
mac・Linux では /Users/{ユーザー名}/git/
windows では C:\Users\{ユーザー名}\git\ になります。

 

次に、Bitbucket のリポジトリのページから clone するリポジトリのパスをコピーします。

「アクション」>「クローン」をクリックして表示されたパスをコピーします。

 

次に端末に戻り、git clone git@bitbucket.org:…コピーしたパス  を入力して[Enter]キーを押します。
※Windows の Git Bash では「貼り付け・ペースト」のキーボード・ショートカットが Shift + INS キーとなっているので注意してください。

$ git clone git@bitbucket.org:アカウント名/test.git(コピーしたパス)
Cloning into 'test'...
Enter passphrase for key '/c/Users/{ユーザー名}/.ssh/id_rsa':
remote: Counting objects: 3, done.
remote: Compressing objects: 100% (2/2), done.
remote: Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (3/3), done.

 

以上でローカル環境にリポジトリが clone されました。

※接続時に、公開鍵(SSH key)のパスワードの入力を要求されるのでパスワードを入力して[Enter]キーを押します。

※パーミッションエラーで clone できない場合、clone しようとしている場所が git 用のディレクトリであるかを pwd コマンドで確認してください。
git 用のディレクトリであれば、パーミッションを確認して変更します。

$ pwd
/Users/{ユーザー名}/git

 

commitする

今回は練習なので、簡単なプログラムを作成して先ほどのリポジトリに追加してみます。

作成するプログラムはphpで「Hello World!」を出力するだけの【helloworld.php】を作成します。

【helloworld.php】

<?php echo "Hello World!"; ?>

 

作成したら、先ほど clone したローカル環境のリポジトリのディレクトリに保存します。
今回の場合では「~/git/test/helloworld.php」になります。

git status コマンドで確認してみます。

$ git status
On branch master
Your branch is up-to-date with 'origin/master'.
Untracked files:
 (use "git add <file>..." to include in what will be committed)

helloworld.php

nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)

Untracked files: この時点ではまだ git リポジトリに登録されていません。

新規でファイルを追加したら、git リポジトリに登録するために commit します。
まず、git add コマンドでインデックスに記録(ステージ)して、git commit コマンドで commit します。

$ git add helloworld.php
$ git commit -m "first commit"
[master 8c90ed7] first commit
 1 file changed, 1 insertion(+)
 create mode 100644 helloworld.php

 

git log コマンドでログを確認できます。

 

pushする

最後に git push コマンドでローカル環境のリポジトリを Bitbucket 側のリポジトリに push して更新します。

$ git push
Enter passphrase for key '/c/Users/{ユーザー名}/.ssh/id_rsa':
Counting objects: 3, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 308 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To bitbucket.org:{ユーザー名}/test.git
 4ef7769..8c90ed7 master -> master

※接続時に、公開鍵(SSH key)のパスワードの入力を要求されるのでパスワードを入力して[Enter]キーを押します。

 

Bitbucket 側(左カラムNAVIGATION > ソース)に【helloworld.php】が追加されていることを確認して完了です。

 

 

追加した【helloworld.php】をクリックするとファイルの内容を確認することができます。

 

 

以上で完了です。

 

リポジトリの削除

今回作成したリポジトリは練習用なので、不要であれば GitHub から削除します。

リポジトリの左カラムメニューの一番下にある「設定」をクリックします。

 

スクロールして一番下にある  リポジトリの削除  ボタンをクリックします。

 

 

「本当に削除しますか?」アラートがポップアップします。
(リポジトリを別の場所に移動した場合は、【Redirect link】に新しいURLを追加します。)

 削除  ボタンをクリックするとリポジトリは削除されます。

 

  git     by