GoogleスプレッドシートでGoogle apps scriptを使う

  Google apps script

「Google apps script」を使ってみます。
https://developers.google.com/apps-script/?hl=ja

 

Google apps script

Google ドライブにログインし、新規でスプレッドシートを作成します。
「ツール」から「スクリプトエディタ」を選択します。

googleappsscript-01

 

 

窓が開くので「空のプロジェクト」を選択します。

 

googleappsscript-02

 

新しいタブにスクリプトエディタが開くので、ここにスクリプトを書いていきます。

googleappsscript-03

 

 

デフォルトで「myFunction()」が用意されますが、任意のファンクション名に変更しても大丈夫です。
今回はこのまま「myFunction()」を使用します。

簡単なスクリプトを書いてみます。
リファレンスはこちら
https://developers.google.com/apps-script/reference/spreadsheet/

 

まず、スプレッドシート上の値を操作したいので操作するシートを取得します。

function myFunction() {
  // スプレッドシートを取得
  var mySheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
}

 

次に、スプレッドシートの「A1」に入力した文字列を「A2」に出力する簡単なスクリプトを書いてみます。
セルの指定は「getRange()」を使います。
指定方法は2通り。

 

1・セルの行と列で指定

シート.getRange( 行番号 , 列番号 );

2・レンジの指定(セルの「A1」、「B1」、「A1:C20」等)

シート.getRange( “レンジの指定” );

 

「A1」の値を「getValue()」して「A2」へ「setValue()」してみます。

function myFunction() {
  // スプレッドシートを取得
  var mySheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
 
  // シートのA1から値を取得
  var valueA1 = mySheet.getRange("A1").getValue();
  // シートのA2にa1valueを出力
  mySheet.getRange("A2").setValue(valueA1);
}

 

書いたら「保存アイコン」のボタンをクリックして保存します。

 

googleappsscript-04

 

最初の保存の時にプロジェクト名を聞かれるので任意の名前を付けて保存します。

 

googleappsscript-05

 

Google apps scriptの実行

保存したらスプレッドシートに戻り「A1」セルに文字列を入力してみます。

 

googleappsscript-06

 

スプレッドシートに文字列を入力したら「スクリプトエディタ」に戻り、スクリプトを実行してみます。
スクリプトの実行は「実行ボタン」から。

googleappsscript-07

 

 

初回実行時、アプリの承認確認画面が出るので承認します。

googleappsscript-08

 

 

「続行」をクリックします。

googleappsscript-09

 

 

「承認する」をクリックします。

 

承認確認画面が出た場合は、もう一度「実行ボタン」をクリックしてスクリプトを実行させます。
スプレッドシートに戻って確認します。

 

googleappsscript-10

セル「A1」に入力した文字列がセル「A2」に表示されていれば完了です。

 

  Google apps script     by