CentOS 6.2 SSHのインストール

  CentOS

サーバを別のPCからSSHでリモート操作できるようにSSHをインストールします。

 

SSHのインストール

スーパーユーザーになります。

$ su
パスワードを入力

 

opens-serverをインストールします。

# yum install openssh-server

 

SSHの設定

設定ファイルをテキストエディタで編集して設定します。

# vi /etc/ssh/sshd_config

 

# rootでのログインを禁止
PermitRootLogin no

# 空のパスワードの禁止
PermitEmptyPasswords no

# パスワードでのログインを許可
PasswordAuthentication yes

 

SSHの起動

# /etc/rc.d/init.d/sshd restart

 

SSHが自動起動するように設定します。

# chkconfig sshd on
# chkconfig --list sshd
sshd         	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off

 

Poderosaのインストール

クライアント側(Windows)には「Poderosa」をインストールします。

http://ja.poderosa.org/download/binary.html

 

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストラーが起動するので、指示に従ってPoderosaをインストールします。

 

インストール後「新規接続画面」で接続用の設定します。
(練習用なのでパスワード接続で設定します。)

 

サーバー(CentOS)と同じローカルネットワーク上にクライアントが接続されている状態にしておきます。

ホスト サーバーのローカルIPアドレス
プロトコル SSH2
ポート SSH(22)
SSHパラメータ
ユーザー名 サーバーのログインユーザー名
認証方法 パスワード
パスフレーズ ログインパスワード
鍵ファイル 空欄
ターミナル
ログの種別 無し
ログの保存先 空欄
エンコーティング utf-8
ローカルエコー しない
改行の送信 CR
種別 xterm

 

「OK」ボタンをクリックしてログインできれば成功です。

 

  CentOS     by