ubuntu12.04LTS WordPressのインストール

  ubuntu

web開発用のローカルPC(ubuntu12.04LTS)にWordPressをインストールします。

 

Apache2, PHP, MySQLのインストールと設定は先を済ませておきます。

 

WordPressインストールまでの流れ

 

WordPressのダウンロード

まずWordPressの最新バージョンをダウンロードします。

http://ja.wordpress.org/

ダウンロードしたファイルを解凍し、解凍したフォルダを「/var/www/」ディレクトリに移動します。
※webディレクトリを任意の場所へ移動している場合はそちらへ。

この時、解凍した「wordpress」フォルダを任意の名前にリネームします。
(開発用なのでそのままでもOKです。)

ローカル環境のWordPressのURLは「http://localhost/解凍したフォルダ名/」になります。

 

WordPressで使用するMySQL データベースの作成

WordPressで使用するMySQLデータベースを作成します。

 

端末からMySQLを起動します。

$ mysql -u ユーザー -p
MySQLのユーザーパスワードを入力

 

現在のデータベースを確認します。

mysql> SHOW DATABASES;

 

データベースを新規に作成します。

mysql> CREATE DATABASE データベース名;

 

作成できたか確認します。

mysql> SHOW DATABASES;

 

確認できたら完了です。

mysql> quit;

 

wp-config.phpの編集

WordPressディレクトリ内にある「wp-config-sample.php」をテキストエディタで開き、コメントを参考に編集します。
(23行目付近:WordPressのバージョンにより行数が前後します。)

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', '先ほど作成したデータベース名');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'MySQLのユーザー名');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'MySQLのユーザーパスワード');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost このまま');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースのキャラクターセット */
define('DB_CHARSET', 'utf8 このまま');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '空のまま');

編集したら、「別名で保存」でファイル名を「wp-config.php」にリネームして保存します。

必要に応じてテーブルの接頭語を変更しておきます。

$table_prefix  = 'wp_example_';

 

WordPressのインストール

ブラウザを起動し、「http://localhost/WordPressフォルダ名/」にアクセスするとインストールが始まります。

ブログ名、ユーザー名、パスワードを入力して完了です。

 

  ubuntu     by