WordPress ビジュアルエディタに改ページボタンを追加

  WordPress

ビジュアルエディタに改ページボタンを追加してみます。

改ページボタンとは、テキストモードで <!--nextpage--> を記述すると投稿ページを分割することができる機能です。

 

改ページ機能を有効にする

改ページ機能を有効にするには【single.php】に wp_link_pages() を追加します。

<?php wp_link_pages(); ?>

 

ページ分割された投稿(<!--nextpage--> クイックタグ を1つ以上含む)についてページリンクを表示します。link_pages()(非推奨)とほぼ同様に動作しますが、引数をクエリ文字列(または配列)で指定する点が異なります。このタグはループ内で使用する必要があります。

Codex: テンプレートタグ/wp link pages

$args = array(
  'before' => '<p>' . __( 'Pages:' ),
  'after' => '</p>',
  'link_before' => '',
  'link_after' => '',
  'next_or_number' => 'number',
  'separator' => ' ',
  'nextpagelink' => __( 'Next page' ),
  'previouspagelink' => __( 'Previous page' ),
  'pagelink' => '%',
  'echo' => 1
);
wp_link_pages( $args );

 

パラメータ
引数 説明
$before
文字列
リンクの前のテキスト
初期値:<p>Pages:
$after
文字列
リンクの後のテキスト
初期値:</p>
$link_before
文字列
リンクテキストの前のテキスト
初期値:'' (空文字列)
$link_after
文字列
リンクテキストの前のテキスト
初期値:'' (空文字列)
$next_or_number
文字列
ページ番号を使用するかどうかを指定する
有効な値:
'number' (デフォルト)
'next'
$separator
文字列
ページ番号の間のテキスト(適切な場合)
初期値:スペース 1 文字(改行可能)
$nextpagelink
文字列
次のページへのリンクのテキスト
初期値:Next page
$previouspagelink
文字列
前のページへのリンクのテキスト
初期値:Previous page
$pagelink
文字列
ページ番号のフォーマット。文字列内の % が番号に置き換えられる。
例えば Page % は「Page 1」、「Page 2」などを生成する。
初期値:'%'
$echo
真偽値
HTML 出力する true か、変数として返す false
初期値:true

 

戻り値
mixed echotrue (デフォルト)にすると、NULL を返して内容(ページリンク)を表示します。echofalse にすると、HTML フォーマットされた内容を返します。

 

<!--nextpage--> をビジュアルエディタのボタンとして追加

<!--nextpage--> をビジュアルエディタのボタンとして追加するには【functions.php】に下記を追加します。

function ilc_mce_buttons($buttons){
  // wp_page ページ分割ボタン
  array_push($buttons, "wp_page");
  return $buttons;
}
add_filter("mce_buttons", "ilc_mce_buttons");

 

変更前

nextpage01

 

変更後

nextpage02

 

以上で完了です。

 

  WordPress     by