WordPress 言語属性の表示 language_attributes()

  Code Tips minimum Theme

前回の「WordPress オリジナルテーマ作成の準備」で作成した「index.php」にWordPressのテンプレートタグを加えてみます。

WordPress Codex : テンプレートタグ

 

language_attributes()

<html> タグの言語属性をテンプレートタグを使用して出力してみます。

<html> タグ用に言語属性を表示します。表示され得るのは dir (テキストの向き)、langxml:lang です。langxml:lang の内容は $doctype 引数によって決まります。

WordPress Codex : テンプレートタグ/language attributes

language_attributes($doctype)

 

パラメータ
引数 説明
$doctype
文字列
オプション
HTML ドキュメントの種類。'xhtml' または 'html'
初期値: 'html'
戻り値
void この関数は値を返しません。

 

<html lang="ja"> 部分をテンプレートタグを使って書いてみます。

<html <?php language_attributes(); ?>>

 

出力は同じように

<html lang="ja">

となります。

 

language_attributes() の引数に 'xhtml' を渡すと xhml の記述を出力します。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" <?php language_attributes( 'xhtml' ); ?>>

出力は

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja">

となります。

 

WordPressテーマを「HTML5」で書く場合と、「XHML」の場合とで書き分けます。

 

Code Tips minimum Theme

今回は「HTML5」で書いていくので <html <?php language_attributes(); ?>> と書きました。

【index.php】

<!DOCTYPE html>
<html <?php language_attributes(); ?>>
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>Simple Theme</title>
</head>
<body>
  <h1>Hello World!</h1>
  <p>Simple Theme</p>
</body>
</html>