WordPress サイトの情報を表示 bloginfo()

  Code Tips minimum Theme

前回の「WordPress 言語属性の表示 language_attributes()」では言語属性の表示をテンプレートタグ language_attributes() を利用して出力したので、今回は文字エンコードの指定を bloginfo() 関数を使って出力してみます。

 

bloginfo()

サイトの情報を表示させる関数です。情報の殆どは、プロフィールや一般設定などの、WordPress 管理画面で入力されたものです。この関数はテンプレートファイルの至るところで使うことができ、その結果は常にブラウザーに表示されます。PHP の中でこれらの値を使う必要がある場合は、get_bloginfo() を用いてください。

WordPress Codex : テンプレートタグ/bloginfo

bloginfo( $show )

 

パラメータ
引数 説明
$show
文字列
オプション
所望する情報のキーワード名
初期値: name
パラメータ 内容
name ブログ名( 一般設定 – サイトのタイトル)
description ブログの簡単な説明( 一般設定 – キャッチフレーズ)
admin_email サイトのメールアドレス( 一般設定 – メールアドレス )
charset 文字コード
version WordPressのバージョン
html_type メディアタイプ
wpurl WordPressをインストールしたURL
template_url テンプレートのURL
template_directory テンプレートファイルディレクトリのURL
styleseet_url スタイルシートのURL
styleseet_directory スタイルシートディレクトリのURL
url ブログのURL
udf_url RDF/RSS1.0フィードのURL
rss_url RSS0.92フィードのURL
rss2_url RSS2.0フィードのURL
atom_url AtomフィードのURL
comments_rss2_url コメントのRSS2.0フィードのURL
pingback_url ピンバックのURL

 

bloginfo() はいろいろなサイトの情報を出力することができますが、今回はサイトの文字エンコードの指定を出力させてみます。

引数に 'charset' を指定すると文字コードを出力します。(Version 3.5.0以降は “UTF-8″を常に返す)

<meta charset="<?php bloginfo( 'charset' ); ?>" />

出力は

<meta charset="UTF-8" />

となります。

 

Code Tips minimum Theme

【index.php】

<!DOCTYPE HTML>
<html <?php language_attributes(); ?>>
<head>
  <meta charset="<?php bloginfo( 'charset' ); ?>">
  <title>Simple Theme</title>
</head>
<body>
  <h1>Hello World!</h1>
  <p>Simple Theme</p>
</body>
</html>